映画食堂

映画を食す全ての人々に管理人によるレビューや映画情報を配信します.映画館のスタッフ経験あります.

映画「アトミック・ブロンド」感想・レビュー!/オシャレで泥臭い女スパイアクション!

f:id:movie-boy:20171115010136j:plain

シャーリーズ・セロン演じる女スパイ映画『アトミック・ブロンド』を鑑賞してきた.今作はR指定となっておりアクション映画の中でもハードコアよりに仕上がっていた.ハードボイルドでセクシーな主人公の姿を堪能した興奮を感想・レビューとしてまとめたので読んでいただきたい.

感想

※以下,ネタバレを含む場合があります.

主人公の〈女スパイ〉とタイトルやポスターの〈ネオン感〉から今作はスッキリした見やすいアクション映画であると予想していた.しかし,実際は〈オシャレで泥臭いアクション〉に仕上がっていた.スパイ映画の多くは攻撃を受け流すようなアクションが目につくが,本作では敵味方の両方からリアルな痛みが十分に伝わってくる演技が多かった.生々しいアクションにより他の王道スパイ映画よりも現実味を持たせることができ,作品のダーク感を演出していた.この点においては,映画「ジョン・ウィック」にも通ずるものがあり,デヴィッド・リーチ監督による特徴がよく表れていると言えるのではないであろうか.

 主演のシャーリーズ・セロンによる激しいアクションやちょっとしたヌードシーンは作品の雰囲気を決める大事な要素となっており,彼女の演技に圧倒された.また,謎多き役を務める俳優ジェームズ・マカヴォイの演技を見ることで,悪役として映画に出演することがある理由が分かるだろう.

 壁紙に描かれた顔の口に血しぶきを飛ばして口紅っぽくしたり,ある人物が出血によりシーンごとに顔が白くなったりする表現は観ていてとても楽しめた.主人公のセクシーなシーンは本作の年齢制限を15歳以上(R15+)にしたことにより実現できる表現であり,物語が持つ雰囲気の妖艶さを上手く表していたと思う.

 シャーリーズ・セロンハードボイルドで最高にセクシーな渾身の演技を是非映画館で観ていただきたい.今後のデヴィッド。リーチ監督の作品にも期待である.

どんな人にオススメ?

  • 濃厚なアクション映画が好きな人
  • スパイ映画が好きな人
  • 冷戦の舞台設定が好きな人
  • シャーリーズ・セロンの妖艶を観たい人

関連作品

 

映画「ダンケルク」感想・レビュー!/新感覚で戦争を魅せる作品!

f:id:movie-boy:20170613234256j:plain

映画『ダンケルク』のあらすじやキャストについては過去の記事で一度まとめておりますので,以下をご覧ください.

 

感想

 『ダークナイト』シリーズや『インセプション』でお馴染みクリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』を観てきた.今年度に日本で公開された映画『ハクソー・リッジ』と同じく第二次世界大戦が舞台の作品である.しかし,両者は徹底的に違っており,『ダンケルク』においては〈新感覚〉といった表現がピッタリな仕上がりであった.

 戦争映画で〈撃たれた箇所の止血〉は王道の描写であり,この表現は視聴者に残酷さや悲惨さを伝えるにはもってこいな表現である.しかし,『ダンケルク』においては目を塞ぎたくなるような傷や怪我の処置は少なかった.これは,生と死の間である〈負傷状態〉をなくすことで,生と死の線引きをはっきりさせ,〈いつ死ぬか分からない〉恐怖を視聴者により鮮明に伝えることに焦点を当てたからであると考える.また,物語の舞台は〈戦場〉であり〈船上〉であるため,溺死の要素を多く取り入れる必要があるため負傷の数が少なかったのだと思う.

 戦争映画では〈恋人や家族〉との関係は感動させるための要素であるが,驚いたことに今作では恋人や家族との関係はあまり表現されていない.これは,主人公が一人に絞っていないといった今作の特徴からの理由であるかもしれないが,場面を転々とさせながら実話を語る上でスピード感を演出するための表現と言ってもよいと思う.まさに〈新感覚のミリタリー作品〉であった.

 上映時間は106分となっている.ドキュメンタリー系の映画にしては比較的短いという印象である.これにより,スピード感が生まれ緊張感を維持しつつ鑑賞できる映画となっている.もし仮に,今作が120分を超えるものであったとしたら,映画の撮り方や脚本は大きく変わり,全く別物の映画となったであろう.ダンケルク』が新感覚な戦争映画になった理由はこの上映時間ゆえであるという見方もできる.

 様々な俳優が参加していた.トム・ハーディは超絶イケメン,マーク・ライランスはスーパー演技派俳優であったことは今作でも健在であった.注目したいのはやはりハリー・スタイルズである.彼は世界的ポップアーティストのワン・ダイレクションのメンバーである.今作で華々しい俳優デビューを飾った彼であるが,予想よりもかなり良い演技をしており次回の出演があれば是非観たいと思った.

 血みどろな戦場ではないためグロテスクな表現が苦手な人でも戦争というテーマが大丈夫であれば,大いに鑑賞することをオススメする.スピルバーグ作品のように狙ったところで感動させられるものではなく,自らで感動してしまうクリストファー・ノーランの作品を是非楽しんでいただきたい

どんな人にオススメ?

  • 戦争・ドキュメンタリー映画が好きな人
  • ノーラン監督が好きな人
  • グロは苦手だか戦争映画を観たい人
  • 1Dのハリースタイルズを見たい人
  • 新映像体験を少し感じてみたい人

関連作品

インセプション [Blu-ray]

インセプション [Blu-ray]

にほんブログ村 映画ブログへ
↑応援よろしくお願いします!

映画「ワンダーウーマン」感想・レビュー!/パワフルだけど最高にキュートな女戦士!

f:id:movie-boy:20170607184516j:plain

映画『ワンダーウーマン』のあらすじやキャストについては過去の記事で一度まとめておりますので,以下をご覧ください.

感想

※以下,ネタバレを含む場合があります.

 今作は『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』に少しだけ登場した〈ワンダーウーマン〉についての内容である.〈最強の女戦士〉である彼女が主人公となって進む物語は期待以上の面白さであった.海外の大手映画レビューサイトRottenTomatoesにおいて,93%(6月7日時点)という高評価である理由も納得できた.

 主人公のワンダーウーマンが敵を蹴散らし無双するだけの映画なのかと思いきや,彼女の純粋な女性としての一面にドキドキさせられたり,物語の時代の表現が細かかったりと,映画の世界に惹き込む要素が多くある.DCコミック映画特有の〈ダークな雰囲気〉も感じることができるため,ドラマティックにスーパーヒーローを描くことができていた.

 映画を観た後は,主演のガル・ガドットの虜になっていた.彼女の美貌は役を邪魔せず,むしろキャラクターの良さを引き立たせていた.これは,ワンダーウーマンという役が彼女に当たっていたとも言えると思う.しかし,他の役柄を演じるガドットを観てみたいとも思った.スティーブ・トレバーを演じるクリス・パインは主演級の俳優であるため文句なしの演技力で,ラフでカッコイイ役を上手く演じていた.

 アメコミ映画をあまり知らない人はワンダーウーマンと聞いてもピンと来ずに,観る前からあまり面白そうではないと思うのではないであろうか.今作に限っては面白くないということはないと言い切れるくらいバランスの良い映画となっており,良質なヒーロードキュメンタリー映画と言える.クリスチャン・ベール演じるバットマンの映画を観たときのような満足感に通ずるものを感じた.DCコミックは次回作を作る上で大きな土台となった大切な作品であることは確かである.

どんな人にオススメ?

  • フラッと映画館で観る映画を探している人
  • ドラマティックなヒーロー映画が観たい人
  • 活躍する美人を拝みたい人
  • 海外で人気の映画を観てみたい人

関連作品

にほんブログ村 映画ブログへ
↑応援よろしくお願いします!

映画「怪盗グルーとミニオン大脱走」感想・レビュー!/囚人ミニオンが最高に可愛い!

f:id:movie-boy:20170702181923j:plain

映画『怪盗グルーとミニオン大脱走』のあらすじやキャストについては過去の記事で一度まとめておりますので,以下をご覧ください. 

感想

※以下,ネタバレを含む場合があります.

今作は怪盗グルーシリーズの二作目『怪盗グルーとミニオン危機一髪』に続く作品となっている.怪盗グルーシリーズであるためグルー中心の内容ではあるものの,ミニオンの良さは今作でもしっかりと描かれている.ミニオンの可愛さは確実にパワーアップしていたと感じた.

 上映時間は一時間半ほどであるため話がサクサク進み,観ていて疲れない.そのため,子供はもちろんのこと,長い映画が苦手な大人も十分に楽しめると思う.今回は吹替版を鑑賞したが,アニメであるため違和感は少なく楽しめた.実写の映画は俳優の声などが明らかに異なるため気になるが,アニメの場合はその点気にせずに観れたため良かったと思う.

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンミニオン・パークができたことや,ミニオン関連のガチャガチャが増えたことからも人気は確実に上昇している.映画を観ていない人ですらファンになったりするように,大人も取り込んでしまう人気ぶりは続いていくであろう.三作目(ミニオンシリーズ入れて四作目)にして面白さが減少していないため続編にも大いに期待して良いと思う.

 ファミリーやカップルが何を観ようか迷ったときに是非とも鑑賞していただきたい.もちろんお兄さん及びおじさんも大変楽しめる作品となっている.

どんな人にオススメ?

  • 子供と一緒に観る映画を探している人
  • かわいいキャラで癒やされたい人
  • アクション映画に疲れた人
  • 日頃の社会に疲れた人

 関連作品

怪盗グルーの月泥棒 [Blu-ray]

怪盗グルーの月泥棒 [Blu-ray]

 

にほんブログ村 映画ブログへ
↑応援よろしくお願いします!

映画「スパイダーマン ホームカミング」感想・レビュー!/あの超有名スーパーヒーローの新作!

f:id:movie-boy:20170620212940j:plain

映画『スパイダーマン ホームカミング』のあらすじやキャストについては過去の記事で一度まとめておりますので,以下をご覧ください.

感想

※以下,ネタバレを含む場合があります.

映画のポスターや宣伝CMからも分かる通り,今回のスパイダーマンMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に属する作品として新たに生まれ変わっており,そのことは映画鑑賞後にも大きく頷ける内容であった.過去のスパイダーマン作品と比べても映画全体を通して,ポップでカジュアルな作品であった.例えば,2015年の『ジュラシック・ワールド』を万人受けする作品であると評するのであれば,今作『スパイダーマン ホームカミング』は〈もっと万人受け〉であると言えるであろう.ここで,今作はMCUに属しているため『アイアンマン』及び『インクレディブル ハルク』,『マイティ・ソー』などのMCU作品を復習しておくことが最大に今作を楽しむコツである.時間がない人はアベンジャーズシリーズだけを鑑賞して〈アイアンマン〉の立ち位置だけを知っておいても良いであろう.トビー・マグワイヤ演じる初代スパイダーマンのようなドラマティックな物語ではなく,アクションや話の展開がサクサク進む大衆向けな物語となっている.

 今回で主演の「トム・ホランド」がお披露目となったわけだが,持ち前の身体能力に加え,ピーター・パーカーという役の〈子供っぽさ〉を見事に演じていた.特に〈泣きそうな演技〉は見ている人の心を奪ったと思う.“今回の”スパイダーマンにピッタリの俳優であった.

 少しコメディ色が強かった印象があるが,新たなスパイダーマンの位置づけを認識するための内容であったと思う.映画『スパイダーマン ホームカミング』は,誰もが楽しめる王道ヒーロー映画である.ヒーロー映画を鑑賞する際,ヒーローの持つ能力に憧れることは映画の面白さを決める重要な要素のひとつである.スパイダーマンは何度リメイクされても,キャラクター自体に魅力があるため,ある程度の面白さが確保される〈ぶれない〉作品となると感じた.

関連作品

『シビル・ウォー』でトム・ホランド演じる新しいスパイダーマンが少しだけ登場する.『スパイダーマン ホームカミング』の劇中にシビルウォーのワンシーンが登場するため関連性は高い作品となっている.

にほんブログ村 映画ブログへ
↑「映画食堂」の応援よろしくお願いします.

映画「ジョン・ウィック:チャプター2」感想・レビュー!/何人倒した!?怒涛のアクション!

f:id:movie-boy:20170729012740j:plain

キアヌ・リーブスが演じる最強の殺し屋の復讐劇『ジョン・ウィック』の続編『ジョン・ウィック︰チャプター2』を鑑賞してきた.今作はR指定となっており,表現の気持ち悪さではなく,表現の残虐性に関する指定であると感じた.新時代のアクションとも言える前作の続編を観た感想とレビューをまとめたので読んでいただきたい.

感想

※以下,ネタバレを含む場合があります.

敵を次々と倒していく〈最強の殺し屋〉は今作でも健在であった.前作よりも敵を多くなぎ倒しており,〈圧倒的なアクション〉が今作の魅力となっている.一つ一つの動きに理由があるような動きは観ているものを納得させるアクションとなっている.もちろん主人公であるため戦闘では負けないが,ハラハラさせるようなダメージをしっかり受けており,観客を引き込むための最低限必要なリアリティは含まれていた.よくあるアクション映画よりも少し非現実的な雰囲気がある作品ではあるが,それが「面白い!」と言える要素を作り出していると言える.ジョン・ウィックが戦う場所について前作同様,ワクワクするような場所での戦闘が多かった.〈見せるアクション〉を特に意識して制作されているような作品であるため,内容でしみじみ面白みを感じるというより,アクションを観て視覚で楽しむ映画となっていることであろう.

主演のキアヌ・リーブスについては拍手を送りたくなる気持ちになるであろう.大切な人を失う気持ちを上手く演じることができるのは,彼自身の生い立ちや人生に関しての経験からくるものであると感じる.特別な演技はしていないのに,心に語り掛けてくる彼の演技は〈キアヌ・リーブス復活!〉と胸をはって言えるはずである.『スピード』や『マトリックス』などと同様に彼の代表作に『ジョン・ウィック』が加わることを確定した作品である.

前作の『ジョン・ウィック』を観てから今作の『ジョン・ウィック:チャプター2』を観ることをオススメする.また,キアヌ・リーブス主演の過去作『スピード』は名作であるため観ていない人は要チェックである.管理人の個人的な意見としては,FPS(一人称のシューティングゲーム)が好きな人はかなり熱くなる作品であると思う.武器のリロード(弾の装填)や銃の取り回しは,かなり見ごたえがある.

この手の類の映画は頭を使わず気楽に楽しめるため,気を張らずフラッと映画館やレンタルショップに立ち寄って,是非とも『ジョン・ウィック』を鑑賞していただきたい.

関連作品 

The Matrix [Blu-ray]

The Matrix [Blu-ray]

 

にほんブログ村 映画ブログへ
↑応援よろしくお願いします!

映画「メアリと魔女の花」感想・レビュー/魔法の世界を味わう作品!

f:id:movie-boy:20170716221538j:plain

スタジオポノック第一回長編作品である『メアリと魔女の花』が7月8日から公開となっている.「魔女」という題材を扱っていることからワクワクが止まらない作品である.どうしてもジブリ作品である「魔女の宅急便」と比較されがちであるが,今作を鑑賞した感想・レビューについて述べる.

感想

※以下,ネタバレを含む場合があります.

ジブリ風なアニメーションであり,ちょうど夏休み期間に公開の『メアリと魔女の花

を鑑賞してきた.家族や友達,カップルなど観る人を選ばないカジュアルに楽しめる作品となっていた.物語は淡々と飽きのこないペースで進んでいくため,もうクライマックスなの!?と驚いた.原作が外国の児童文学であることも物語がスピーディーに進む理由であると考える.映画の序盤は世界観に引き込む演出が多めであり,中盤から伏線を張るような構成である印象を受けた.〈魔法〉という内容を扱っているため,大人も子供も年齢を問わずワクワクすることができると思う.

ジブリやそれに似たアニメの良いところを詰め合わせた作品のようにも思えるため,それを良いと捉えるか悪いと捉えるかは人によって賛否両論ある.映画批評サイトの☆評価は特別目立って良くはないが,『魔女の宅急便』や『千と千尋の神隠し』などいわゆるジブリ映画との比較が多少なりとも入っているため評価が伸び悩んでいると予測する.映画CMなどで「観たい!」と思ったら観に行くという単純なプロセスで劇場に足を運んでもらいたい.普段あまり映画を観ない人に関しては,「普通に面白い」というような感想になるはずである.

君の名は。』のような記録的大ヒットは望めないが〈米林監督ワールド〉はしっかりと感じれる作品であり,安定した面白さや芸術性を持った作品となっていた.〈観て損はしない〉作品であったと思う.特に,小学生くらいの子供にオススメしたい夏の作品である.

関連作品

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

借りぐらしのアリエッティ [DVD]

 
思い出のマーニー [DVD]
 

にほんブログ村 映画ブログへ
↑応援よろしくお願いします!